Techno-Labo is a company which supports the development of plastic products by design, mechanical engineering, prototyping, and low volume production.


Substitute Mold/ Injection molding-Substitute Mold Optimum for Small Volume-

Required Quality Control for LVP

Plastic products are considered cheap. However, molds are essential for producing plastic products. Plastic has a characteristic that the initial cost, which is the mold cost, accounts for the majority of the development cost. Low-cost plastic products use highly durable, high quality and expensive molds, and the initial cost has been depreciated by mass production.
When production quantity is small, active product development cannot be achieved with the same price mold. Therefore, Techno-Labo offers substitute mold optimized for LVP. It can reduce the initial cost that is a major obstacle of LVP. We realized to offer sufficient quality of mold with a reasonable price.

What is Substitute Mold?

○Substitute Mold

Normal molds require too much initial investment in these cases: “Need customer evaluation using 200 units of prototypes before mass-production.”; ”500 units are enough volume to meet the needs of limited users.”; “Not aim to manufacture one product for 10,000 units, but want to make various shape of the products for 200 units.” Unlike usual mold, substitute mold can save the total cost in case of making less than 1,000 units because its initial investment is low and product price is high.
Techno-Labo utilizes a cassette type aluminum mold to make products. We also offer fixed pricing which helps the beginners of manufacturing to make a budget easily.

  • ・Cassette Mold

    Prepare mold base on a machine, then install removable cassette mold to it. It halves total cost because it is easily made, replaced, kept and mold bases are compatible with other cassette molds. The disadvantage is that it cannot make products bigger than mold bases.

  • ・Aluminum Mold

    Make a mold from aluminum alloy. The delivery time is short due to the ease of cutting. However, the maximum shot is from 500 to 1,000. It also has a disadvantage such as getting scratch easily.

Fixed Pricing System of Substitute Mold

○Clear pricing service of substitute mold optimal for LVP (less than 500 sets)
○Pricing is fixed based on the dimensions
○More beneficial for a larger product. Reduce the total cost.
○Offer two types of grades according to required product precision

Applied the below pricing since April 11, 2016.  

Only Techno-Labo is offering fixed pricing service about the injection molding of resin. 3D CAD data is required to this service.
Offering design and mechanical engineering service as well.
Premium grade is applied to the molds with a fitting curved surface. (Basic grade: case type)

Learn more Price/ Delivery Time

○Case study of substitute mold

○Sensor case
 (133×62×16mm)

○Remote controller with display
 (155×115×61mm)

○Transparent tag case
 (45×45×7.5mm)

Learn more products

○Total support of plastic parts

Design/Mechanical Engineering/3D Printing/Prototyping

We have developed more plastic enclosures so far.
・Come up with an idea but not sure how to make a product
・Need custom plastic cases based on a PCB
Please feel free to contact us!

  • 何で安いの?何で定価なの?

    ・簡易型を安く作るノウハウをたくさん持っている会社だからです。
    ・海外のメーカーも上手く使っています。
    ・金型の販売が主業ではないので、金型制作で利益が出なくても良いのです。
    ・他のメーカーより遥かに多くの仕事をこなしているので、薄利です。
    ・貴社が潤ったら当社にも仕事が回る、そんな縁の下の力持ちになりたいです!

  • 安かろう、悪かろうではないの?

    ・用途や使用環境によっては十分な精度です。 詳しくは事例の写真を参考にしてください。
    ※ただ、機構部品で寸法公差がたくさん指示されるような部品には向きません。
    ・主にケースなどの用途を想定しており、実績もございます。勘合には問題ありません。

  • どんなお客さんが多いの?

    ・中小企業と個人の方が多いです。
    ・クラウドファンディングで資金を集めた企業様からのご相談も多いです。
    ・業種は電気系の開発会社さんが多いです。
    ・分野は無線端末や省力機器、医療器具や福祉関係が中心です。
    ・設計図面のご用意がない方からのご相談も多くございます。
    ・最近ではIoTの端末依頼が非常に多くなっています。

  • どうして普通の金型は高いの?

    一言でいうと、「良い物」を「たくさん作る」前提で作っているからです。
    普通の金型は、10万個、ものによっては100万個以上作ることを前提として、
    素材、精度、経験などたくさんのノウハウを盛り込むでいます。
    素人ではわからないような、小さなキズやマークも許されません。
    当然経験豊かな(お給料も相応に高額な)技術者が、十分な検討を加え、
    高額な機械を使って作らなければ出来ません。

    いわば銀座の一流職人に作って貰うお寿司のようなもので、
    気軽に食べに来てもらえるようなものではありません。
    当社の作る金型を寿司に例えると、そこそこおいしい(良い金型)と自負していますが、一流店には及びません。ですが気軽に食して(作って)頂けるメニューを用意しています。

お仕事を頂く立場で申し上げるのも恐縮ですが、お取引にあたっての技術や取引条件、権利関係等についての留意事項を下記にまとめました。ご理解賜りますようお願いします。
もし受入できない条項がございましたらご通知下さい。了承頂いたとの理解でお仕事を進めるので、事後でお伝え頂くと対応ができなくなってしまいます。

  • 耐久性とメンテナンス

    この金型は500ショット毎にメンテナンス(有償)を必要とします。メンテナンスのコストは製品形状、使用材質等により変わります。メンテナンスを繰り返す限り、金型は半永久的に使用可能です。但し、長期間生産がなされない金型には保管費が発生します。

  • 仕上げレベル

    表面仕上げは▽▽~▽▽▽程度です。シボ加工はできませんが、ブラストによりナシジ処理は可能です。その場合は別途表面処理費が必要となります。
    ヒケ、フローマーク、ウエルドなどの許容レベルは一般産業機器外装を基準としております。

  • 使用できる材料

    全ての汎用樹脂が原則として使用可能です。
    ただしフィラーの入ったグレードは使用することが出来ません。エンプラも一部対応が可能です。ただし、スーパーエンプラには対応できません。また塩ビや熱硬化などの樹脂も対応できません。

  • 調色と特殊な材料

    製品ごとの材料調色が可能です。
    エラストマーなど、特殊な材料での対応も可能です。
    いずれも別途費用が発生すること、材料調達納期がかかることをご了承ください。
    また調色は主観により左右される部分が大きいので、出来上がった色が必ずしも指示色と同じだと認識されない可能性がございます。

  • 品質基準

    品質基準は当社基準により良否判定を行います。
    自社基準を明確に定めている場合、あらかじめお申し出ください。金型の特性上、貴社基準での対応をお断りせざるを得ない場合もございます。また工場監査はお受けしておりませんので、ご了解ください。

  • 保管期間と所有権

    簡易型
    サイズ
    年間保管費
    S4,000 円/ 年
    M5,000 円/ 年
    L6,000 円/ 年
    XL12,000 円/ 年
    製作した金型は、完成の日より2年間保管いたします。
    その後は当社の管理下において廃棄いたします。(無償)
    ただし最終生産から1年が経過していない場合、別途保管依頼を頂いた場合、保管いたします。 保管依頼による保管の場合、保管費を申し受けます。
    簡易金型は知的財産権が当社に残る資産ですので、貴社に引き渡すことが出来ません。 金型所有権ではなく、利用権が貴社に存するとご理解下さい。

  • お支払い条件

    簡易型は取引開始時にお振込みを頂いてから製作いたします。
    大手メーカーさまであっても条件は同じですので、あらかじめご理解下さい。
    製品製造は貴社支払いサイトでのお取引も可能ですが、初回~数回の間は現金取引となる場合がございます。