プラスチックで思いをカタチにする会社 株式会社テクノラボ

深圳工場の視察日記

深圳工場の視察日記

こんにちは。テクノラボのLinです。

6月に、弊社がプラスチック製品を作るための大切なパートナーである中国の金型業者さんを訪れました。今回はその二社をご紹介します。

 

まず一社目は、弊社との取引が一番長くて、信用度が高い东莞の金型製作屋さんです。

会社管理、色々なシステムがしっかりしており、細かいところにも気を配ってくれます。一言で言えば、よく考えながら、お仕事をしてもらえる会社さんです。

 

社長さんが技術者出身なので、会社内にも年齢が若い割には、腕が良い人材がいっぱい集まっております。

 

社内設備も言うまでも無く、年々先端な機械入れております。精巧な金型を製作するための設備も積極的に導入し、弊社の難しい要望にも答えてくれています。

 

二社目に訪れたのは、深圳で一番規模が大きい金型試作屋さんです。たくさん写真を撮りたいなと思ったのですが、お客様の商品開発の情報を漏れないように、残念ながら工場内部の写真がNGでした。でも、そんな会社さんだからこそ、弊社も安心してお仕事の依頼が出来ています。

唯一撮影できた写真がこちらの工場入り口の写真です。(指紋認証、携帯禁止)セキュリティ完善

 

得意分野:

①プラスチック商品の切削/真空注型(車部品、プリンタ部品、腕時計、携帯、パソコンキーボード等々)精度が抜群です。

②社内に色々部門が設置しており(磨き、プラスチック加工、アルミ切削加工、プログラム、真空注型、皮加工、ブラスト、塗装、印刷、品質検査、出荷等々)※自社開発オリジナル色がいっぱい作ることが出来ます。

 

ちなみに今回の深圳の工場視察は、私自身も何年ぶりかの深圳でした。周りの環境がが随分変わりましたので、びっくりしました。

 

私たちはこのような素晴らしいパートナーたちと一緒にあなたの夢を実現したいです。

「用人不疑,疑人不用」

テクノラボHP:http://www.techno-labo.com/index.html

 

 

 

 

 

 


量産現場からカテゴリの最新記事