プラスチックで思いをカタチにする会社 株式会社テクノラボ

実験!プラスチックのシリコン注型

実験!プラスチックのシリコン注型

こんにちは、テクノラボ新海です。

今回はインターンの学生さんと共にプラスチックの真空注型を勉強しようということで、実際に社内でトライしました。

注型とは、物体の型をつくり、型に樹脂を流し込み硬化させた後、型を取りはずし物体の形を複製する方法です。型をシリコンでつくる方法では、金型に比べ製作時間が短く、費用も少ないというメリットがあります。しかし、シリコンは耐久性が劣るため、生産できる個数は少ない、寸法が安定しないというデメリットもあります。

材料・道具

シリコン
硬化剤
レジン
MEK
レゴブロック
ガムテープ
計量カップ
はかり
ゴム手袋
スプーン
かき混ぜ棒
割り箸
新聞紙
カッター
クランプ
木の板

モノを決める
注型で作りたいモノを選びます。
今回はお弁当のタコさんウィンナーに刺さっているような動物のピックにしました。色は5色で、犬さん、兎さん、象さん、ライオンさん、ねずみさんが持ち手になっています。

レゴを組み立てて箱をつくる
レゴでピックの周りに囲いをつくります。囲いの下にもレゴで底をつくります。ガムテープをレゴの隙間からシリコンが漏れないように貼り付けます。

複製するものを箱の中に置く
ピックを箱の中に浮かせるように配置します。

シリコンと硬化剤を量り、混ぜる
箱の体積を算出して必要なシリコンとシリコンの10%の硬化剤を用意します。かき混ぜ棒やナイフで空気がなるべく入らないように混ぜます。

真空内でシリコンの気泡を抜く
本来はこの工程を通りますが、社内の真空装置の部品が行方不明なため、今回は省略します。

レゴの箱に流し込む
シリコンは液体のりのようにドロドロとしています。床に落とすとベタベタになってしまうので注意です。

加熱して硬化させる
炉に入れてシリコンを固めます。計量カップやかき混ぜ棒やナイフなど、シリコンの付いたものも炉に入れて固めます。60℃に設定します。

硬化したらシリコンを取り出す
完全に硬化したことを確認した後、レゴの箱を分解してシリコンを取り出します。固まったシリコンはコンニャクほどの硬さです。

シリコンを半分に切り、中身を出す
このとき、切り口が波形になるようにナイフを入れ、切断します。

シリコン型にゲートをつくる
レジン(樹脂)を流し込むための通り道=ゲートと空気抜きのための溝を掘ります。

シリコン型を固定する
流し込む前に、レジンが漏れないようにテープでぐるぐる巻きにして木の板に挟み、クランプで固定します。

レジンを用意する
2種類の樹脂を混ぜると硬化します。割合は1:1です。それぞれ用意します。

レジンを型に流し込む
2種類の樹脂をよくかき混ぜて型に流し込みます。レジンは硬化が始まるのが早いため、早く流し込みます。あまり急ぐと混ぜ不足で硬化不良(固まりきらない)が起こるため、気をつけるポイントです。インクを混ぜて着色しても良いです。トントンとたたいて型の中の空気を抜きます。

硬化を待つ
レジンは硬化すると白く不透明になります。正確にはアイボリーという色になります。

型から取り出す
硬化したら型を開き、型から取り外します。

硬化不良を起こし、いつまでもゴムのように柔らかいピックになってしまいました。混ぜ不足でした。(T-T )( T-T)ウルウル

余りのレジンです。こちらも硬化しきっていません。(T-T)ヽ(-u-)ドンマイ

ここからは別の型の写真になります。

ゲートカット、バリ取りをする
ピックに余分なレジンがついているので、後加工で切り落とします。

完成!
お弁当で使えるレベルです!動物の細かい線も出ています!
お疲れ様でした。

いかがでしたか?シリコン注型は細かい部分まで成形できることが分かりましたね。上手に出来なかった部分もありますが、これも学生さんの経験ということで。

 

皆さんもシリコン注型、してみませんか?